PR

家賃25,000円の部屋で快適に過ごす、アラフィフ主婦

低コストライフ
記事内に広告が含まれている場合があります。

この部屋に住むために、ゆるミニマリストになった、ウラサクです。

「格安物件を見つける方法は?」

「格安物件の住み心地は?」

そんな疑問を持つ方に向けて書きたいと思います。

我が家の家賃は25,000円。です(*^-^*)

町内会費が500円と毎月の家賃振替手数料200円を足して、

合計金額・・・25,700円です。

地域は福岡県になります。

引っ越す際の初期費用は10万円程掛かりましたが、

まだ、安いほうなのかな~と思います。

家賃は固定費の中でも大きな割合を占めるところなので、

かなり我が家の生活費は下がりました

家賃が25,000円ということは知人には殆ど言っていません。

家賃の話になることもないし、わざわざ言うことでもないと思っています。

ただ、このblogの他にnoteYouTubeをしているので、

そこでは公表している感じですね🎶

正直住んでみる前は、

  • そんなに狭い家で暮らしていけるのか?(6帖1Kです)
  • 騒音が酷いとか、周囲の環境に問題があるのでは・・・

と考えてしまっていましたが、我が家は見た目はこんな感じで、

狭くはありますが普通のアパートかな~と思います。

いくら家賃が安かったとしても、その後の住み心地は気になるものですよねww

“高くていいのは“当たり前”

”安くても良い物件を見つける”必要がありますよね。

以前に住んでいた物件は、家賃が64,000円のところ。

場所が割と駅に近く、3DKで広々していました。

娘の単身留学を機に、部屋は小さくてよいということ、

留学費用を捻出していくために、今の部屋をネットで見つけました。

夫がこの辺りを良く通っていたことから、物凄くあたり物件だ❣

と分かったので入居を決めました。

まったく不満がないとは言えませんが、快適に暮らせています。

ネットで検索するコツは、家賃を3万円以下で絞ってみると

いい物件にヒットする場合があります。

この部屋に決める、重視したポイントをご紹介しますね。

平米数の少ない部屋を探して、家賃をおさえる

前に住んでいた部屋では、広かった分、無駄に物を持っていました。

この部屋に決めたのは、ある意味ミニマリストになる❕

と宣言したことでもあります。

収納スペースも限られるので、そこに入る分だけ。

生活じたいは十分できています。

大きな家具があるだけで、それが入る大きな部屋を探さねばなりません

大きな家具・・・そこに入っているものは本当にあなたにとって必要でしょうか❓

家具類を手放すだけで、今よりも狭い部屋でも暮らせるようになると思います。

一つ一つ物と向き合って、断捨離していってみてください( *´艸`)

駅から遠い物件も視野に入れる

我が家は車なしの生活を送っていますので、駅が近いことは結構大切かもしれません。

とは言え、大体どこでも夫のバイクにタンデムするか、

自転車で行っちゃうのですがね(笑)

車をお持ちの方は、駅から遠い物件

家賃を抑えることができるかと思います。

駅までの距離をウォーキングと捉えて、運動としてもいいですよね♪

スーパーは近ければ近いほど良い

コンビニで食事を買うよりも、やはりスーパーで食材を買って来て、

自炊するのが生活費をおさえる肝です。

私は、パート先のスーパーが前の家よりも近くなったということで、

体力的にも時間的にも余裕が生まれました。

狭い部屋に住んだとしても、一応は調理のできるキッチンがあること

我が家にとっては大事です。

エレベーターの無い2階建てアパートが狙い目

我が家がこれに当てはまりますが、前の家ではエレベーターなし物件、

4階建ての4階に住んでいました。

やはり階段の上り下りは、体力的にきつかったですね~。

次に住む家は1階が良いって決めていました(笑)

ゴミ出しの際も玄関から数歩で行けてしまうし、

すぐに家に入れるので、快適になりました✨✨

リフォーム物件を見つける

築年数を検索で新しいものに絞ってしまうと、

家賃はどうしても上がりがちです。

築年数が古くても、リフォームされている場合があるので、

そこを狙っていきましょう♬

我が家は前に住んでいた方は、単身赴任の方で、

綺麗に部屋を使われていました。

フローリングになっているし、エアコンも新しい機種が取付済み。

風呂桶の無いシャワールームですが、プールみたいなのを置いて、

浴槽としています(^^)/

何かしらの不具合が、家賃を下げていることも

入居する前の内覧で、ベランダの窓が開き切らないということが分かりました。

洗濯機は外に置くアパートなのですが、この部屋は窓の問題があって、

部屋に洗濯機が置けるように、洗濯機パンが置かれていました。

この洗濯機パンは、簡単に外せてほかの場所に置いておくこともできます。

前の住人は部屋に洗濯機を置いて、滅多に窓を開けなかったのでしょうが、

我が家は、外にも洗濯物を干したかったし・・・

で、それを理由に家賃が下がっていたのですね。

「窓がきちんと開けば、この部屋に即決するのですが~。(笑)」

と内覧時にそう伝えて、結局決めずに帰りました。

不動産屋さんが大家さんと相談してくださって、窓枠&窓を新しくしてくれることに✨✨

それで家賃はそのままで良い!とのことだったので、本当に感謝です。

なので、不具合があれば、直してもらえたら~みたいな感じで(笑)

入居を決める前に、相談するのもいいと思いますよ。

プロパンガスより都市ガス物件

この部屋はプロパンガス物件です。タイトルに書いといてなんじゃぁ⁇

なのですが(笑)。

前の家は福岡では珍しく都市ガス物件でした。

プロパンガスより安いから~と、結構バンバン使っていたかと思います。

1つき1万円弱、冬場は1万円を少し超えるくらい。

ガスを一番消費するのは、冷たい水をお湯にする行為です。

食器洗い、洗顔、その他、お湯で洗うのが気持ちいいので、

良くお湯を出していました。

この部屋はプロパンガスになったということで、シャンプーを週二回に減らして、

そのほかの日は湯シャンに。

食器洗い、洗顔は水でするようにしたら、なんと前の家よりも

ガス代が下がりました🎶

娘が居なくなったことは大きいとは思いますが、意識するって大事だな~と、思います。

ある程度の物音は覚悟して

他の住人の生活音は正直聞こえています。

ただ、そんなに不快なものは無く、高齢な方が多いためか、

騒がしい事もありません。

規則正しい生活を送っていらっしゃる方が多いようです。

これはある程度、賭けなのですが(笑)

私は、ラッキーでした。

木造住宅な分、家賃も安いのですが、騒音が気になる場合は

鉄筋コンクリートのアパートやマンションに絞るのも手かと思います。

まとめ

こんな感じで、格安物件も悪くないよぉな事を書いてみました。

自分が生活をするのって

  • 体を清潔にできる
  • トイレがある
  • 寝る場所がある
  • 暖かく、涼しく快適に過ごせる
  • 日当たり、風通しのある程度良い家
  • 食べたり、パソコンしたり、読書ができるスペース
  • 少しの生活必需品が置けるスペース

があれば、狭くても暮らしていけます

実にシンプル。

だから、広い部屋に住む必要もなくなった・・・という感じです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

裏道サクラ
裏道サクラ
・海外生活に憧れるアラフィフパート主婦

・一人娘はマレーシア単身留学中

・夫と二人で低コストライフ、ゆるミニマリスト

・娘の教育終われば、ゆるFIRE

・小さなコーヒー屋さん経営

コメント

タイトルとURLをコピーしました