犬だって飼い主に『ごめんなさい』する、しぐさや態度4選

ワンちゃんのこと

あのしぐさは謝っていたの?

 

この記事では、犬が飼い主に『ごめんね』と言っているしぐさや

態度4選をテーマに

 

愛犬が飼い主に謝っている時の、しぐさや態度をご紹介しますねww

 

是非、参考にしてみてください。

 

1.申し訳なさそうに、こちらを見つめる

ワンちゃんが何かをしてしまい、その時の飼い主の表情や態度から

いけないことをしてしまった・・・

と感じて、申し訳なさそうに見ているのかもしれません。

 

もしかすると、飼い主に更に怒られるかも?

 

という思いから、様子をうかがっている可能性もありますね。

 

 

2.高い声を出したり、震える

飼い主に怒られてしまい、「ごめんなさい」と話すことが出来ない為、

高い声を出したり、震えるといったしぐさをしていることがあります。

 

飼い主が怒ったことにより、怖がっていたり、

もうこれ以上は許してほしい~

というような思いから、この様なしぐさをしている可能性もあります。

 

 

 

3.体を摺り寄せたり、飼い主を舐めてくる

このしぐさはワンちゃんよる、謝罪のメッセージ

可能性があります。

飼い主の手足などをペロペロと舐めて、

もうしないから

もう反省したから、許してほしい

という気持ちを表しているのかもしれません。

 

又、ワンちゃん自身の手足を舐めているときは、緊張をほぐすため

している行動であると考えられます。

 

 

 

4.お気に入りのおもちゃを渡してくる

自分のお気に入りのおもちゃを渡すことによって、

大事なものを貸すから許してほしい~

 

これで遊んで仲直りしたい、と思っているのかもしれません。

 

又、おもちゃで遊ぶことによって飼い主に冷静になって欲しい

という思いからの行動の可能性もあります。

 

 

 

まとめ

ワンちゃんは直接言葉を話して謝ることが出来ない為

この様なしぐさや態度で表現するのでは無いでしょうか⁇

 

愛犬の性格次第では、今回紹介したこと以外のしぐさや態度を

することもあります。

 

もし何かをしてしまった際、飼い主の注意後

愛犬の様子が変わったようであれば

その様子が、「愛犬の謝罪の表現」の可能性もあります。

 

いずれの場合も「悪いことをしてしまった」事に

反省しているかもしれないので、その時の愛犬の様子を

是非確認してみてください。

 

新しい愛犬のしぐさを発見できるかもしれませんねww

 

 

 

あなたのワンちゃんのしぐさや態度を、是非コメントでお知らせください♬

コメント

タイトルとURLをコピーしました