散歩中、5つの危険な理由、愛犬からは目をそらさずに

ワンちゃんのこと

犬の散歩は屋外であるため、様々な危険が潜んでいます。

 

そのため愛犬からは目をそらさずに、散歩しましょう❣という記事です。

 

今回はその理由についてもご紹介しますね。

 

ながら散歩は危険ですよ⚠

 

ながら散歩は禁止!犬から目を離すと様々な危険が

 

愛犬との散歩中は、周囲に注意を払って行いましょう。

 

スマホを見ながら散歩している人や、音楽を聴きながら散歩している人を

見かけますが、非常に危険です。

 

家の中とは違い、屋外は様々な危険が溢れています。

 

少し目を離した隙に、犬が問題を静かに起こそうとしていたり、

突発的に何かが起きることも考えられます。

 

愛犬との散歩中は、絶対に目を離さず、しっかりと愛犬を見守り、

周囲にも気を配りながら楽しみましょう♪

 

散歩中に犬から目をそらしてはいけない、『5つの理由』

では、散歩中に犬から目を離すと、一体どんなリスクが伴うのでしょうか?

ここでは、愛犬から目を離してはいけない理由をご紹介しますね。

 

1.拾い食いの危険性

道端には様々な物が落ちています

 

残念なことに、タバコの吸い殻や食品の空袋が落ちていることも

後を絶ちません。

 

こうした道端に落ちているものに、犬たちは興味を持っています

 

特に美味しい匂いが残っている、食品の空袋や食べ残しなどは、

犬が食べたり舐めてしまう事があるようです。

 

食中毒症状を招いてしまわぬよう、拾い食いしないように、

しっかりと目を光らせておきましょう。

 

2.突然飛び出してしまい、交通事故のリスク

飼い主が少し目を離した隙に、犬が何かに興味を持ってしまい、

強い力で道路に飛び出してしまい、交通事故に遭ってしまうということが、

多数報告されています。

 

その結果、飼い主が引っ張られてケガをしたり、車にはねられたり・・・

といったリスクがあります。

 

又、何かに怯えて咄嗟に逃げてしまい、迷子や脱走に繋がってしまう

ケースもあります。

 

様々なリスクが考えられるので、飼い主はしっかりと犬のリードを

持って、見守りましょう(^^)/

 

3.ほかの人や犬に飛び掛かってしまう恐れ

散歩中にほかの人や、犬に会うことは良くありますよね。

 

やって来た犬や飼い主さんによっては、交流が生まれることも

あるでしょう。

 

しかし、犬によっては、他の犬や人を怖がる子もいます

 

こうした犬の場合、不安や恐怖心から、犬や人に飛び掛かってしまう

リスクも考えられます。

 

元々臆病な性格の子だと分かっていれば、他の犬や人とすれ違う時、

飼い主がそっと間に入ってあげると安心です(*’ω’*)

 

4.熱中症や疲労など、体調の変化に気づけない

きちんと愛犬の様子を確認していないと、熱中症や脱水症状の

サインに気づけないこともあるかもしれません

 

この様な症状は悪化してしまうと

  • 呼吸困難や意識消失
  • めまい

など、非常に危険な状態陥ってしまう可能性があります。

 

特に夏場は、熱中症や脱水症状のリスクが高まりやすいので、

こまめに休息を挟みながら、散歩しましょう。

 

5.不安や恐怖から、威嚇行動を始めてしまう

飼い主が見ていないうちに、他の犬や人に恐怖心を抱き、

威嚇行動を始めてしまう犬もいます

 

吠えたり唸ったりという行動は、周りを不安にさせますし、

場合によっては、トラブルに発展する可能性もあります。

 

この様に、犬が興奮状態に入ってしまう前に、飼い主が

犬を落ち着かせて、場所を移動するなどの対処を取ることが大切です。

 

その為には、常に愛犬を見守ってあげることが大事ですね♡

 

まとめ

いかがでしたか❓

散歩中には、愛犬から目を離さないようにしましょう♬

 

ちょっとした隙に、トラブルに発展してしまうこと

充分に想像できます。

 

今回ご紹介した具体的な理由は勿論のこと、他にも様々な

危険が考えられますので、愛犬からは目をそらさずに散歩を楽しみましょう🎶

コメント

タイトルとURLをコピーしました