【2023年シーズー犬人気カットスタイル10選】

ワンちゃんのこと

美しい毛並みを持つシーズー犬は、柔らかい艶のある毛質で、

とても素敵です✨✨

ですが、フルコートなので、定期的にお手入れが必要です。

  

マミ
マミ

マミも毎月トリミングサロンに行っていたよ♪

伸びてくる毛を活かして、色々なカットを楽しみたいけど、

愛犬に合ったスタイルは何か・・・と、頭を悩ませている

飼い主さんもいらっしゃるかもしれません。

 

今回は、簡単に人気なカットスタイル10種類を一挙ご紹介♪

男の子にも女の子にも人気な「テディベアカット」を始め、

足やしっぽのカットスタイルもご紹介します。

 

愛犬がどんな風に変身するのか、想像しながらご覧ください❤

 

①【テディベアカット】真ん丸なお顔、男の子女の子にも1番人気

  

テディベアカットの特徴

顔を丸く、耳をふんわりさせているのがテディベアカットです

耳の毛の長さによって、雰囲気はガラッと変わり、幼さから

大人っぽさまで楽しめます(^_-)-☆

 

テディベアカットの注意点
  • 耳の付け根など、こまめなブラッシングが必要
  • 口周りの被毛は長めに残すので、汚れやすい
  • 食後は口周りを拭いてあげるなど、こまめなお手入れをする

 

②【ぬいぐるみカット】ふんわり優しいイメージに

 

ぬいぐるみカットの特徴

全体的に丸く、ふんわりさせるのが、ぬいぐるみカットの特徴です。

お顔のカットはテディベアカットに似ていますが、

目と鼻の間の毛を少しだけ長めに残して、目鼻立ちを強調させます。

 

もふもふな体が、優しい印象を与えるでしょう♡

ぬいぐるみカットの注意点
  • 耳の付け根は毛玉ができやすいので、こまめなブラッシングが必要
  • 口周りが汚れやすいので、こまめにキレイにしてあげる

  

  

③【フルコートスタイル】全身ロングヘアで優雅に✨✨

【フルコートスタイル】全身ロングヘアの特徴

長く伸ばしたフルコートスタイルは、シーズー犬のスタンダードな

姿です。

ドッグショーに出場する際の、必須なスタイルです。

【フルコートスタイル】全身ロングヘアの注意点
  • カットしたシーズー犬が、フルコートスタイルになるには2~3年必要
  • トリミングサロン通いは、必須
  • 自宅でも入念なお手入れが必要

 

④【トップノット】可愛らしいから、女の子におすすめ♥

  

トップノットの特徴

頭部の毛を伸ばし、伸ばした部分をリボンなどで結んだのが、

トップノットです。

シーズー犬はどんどんと毛が伸びる犬種なので、アレンジが

自由自在✨✨

 

可愛らしいのは勿論、目が大きく見えるほか、被毛によって

目が傷付いてしまうトラブルも防ぐことが出来ます。

 

トップノットの注意点
  • 毛が絡みにくい専用のゴムを使用すること
  • 毛玉が出来てしまうので、結びっぱなしはNG
  • セットペーパーを使用するのも良い
  • 目の上の毛を引っ張りすぎると、ドライアイになってしまう

 

⑤【サマーカット】夏の定番❣

  

 ▼サマーカットの特徴

全身を短めにカットした、スッキリスタイルです。

顔周りを丸く仕上げると、幼い印象に!

 

年齢を問わず楽しめるスタイルです。

 

サマーカットの注意点
  • バリカンで被毛を傷めてしまう
  • 短くし過ぎると熱中症などのリスクも
  • 蒸れの軽減にはなるが、暑さが和らぐわけではないので、程々の長さは残す

 

⑥【モヒカンカット】元気はつらつな男の子におすすめ‼

  

 ▼モヒカンカットの特徴

モヒカンカットは頭頂部の毛を立ち上げた、カットスタイルです。

被毛を緩やかに立ち上げるとヤンチャに、大きく尖らせると

クールな印象になります。

 

三角カットやたてがみ風、リーゼント風などアレンジの幅も

広がるでしょう。

 

モヒカンカットの注意点
  • バリカンで皮膚や被毛へのダメージがある
  • 背中部分を短くし過ぎると、熱中症などのリスクが高まる

 

⑦【耳短めカット】可愛らしくてお手入れも楽々です💕

 

耳短めカットの特徴

  

お耳の毛を短めにカットすると、可愛らしく見えて、

元気にも見えます♫

 

幼くも見えるので、どんな年代のシーズー犬にもおススメです。

 

 

 

耳短めカットの注意点
  • お耳の毛を短くしているからと言って、お手入れをしないのはNG
  • 細かい部分までブラッシングが必要

 

⑧【ツインテール】可愛さと上品さ、良いとこどり♡

  ▼ツインテールカットの特徴

お耳の毛をリボンなどで左右結んだものが、ツインテールです。

毛が長ければおしとやかに、短いと幼い印象になります。

 

ツインテールの注意点
  • 毛が絡みにくいゴムを使用する
  • 結びっぱなしはNG

 

 

【足元や尻尾もオシャレに】✨✨

定番や人気のスタイルもいいけれど、足元やしっぽにもこだわりたい

という飼い主さんへ☺

 

⑨ブーツカット

  ▼ブーツカットの特徴

足元をAラインになるよう、末広がりにカットするのが

ブーツカットの特徴です。

 

足先の被毛をたっぷりと残したブーツカットスタイルは、

シーズー犬の愛らしさを際立たせてくれることでしょう✨✨

 

ブーツカットの注意点
  • 足元の長めの被毛は汚れやすいので、散歩後など丁寧にお手入れが必要

 

⑩ライオンテール

 

ライオンテールの特徴

しっぽの3分の2は短く、残り3分の1は長く残すカットです。

オシャレさだけでなく、お腹を壊しやすい下痢気味のシーズー犬や

シニア犬の尿漏れにもお手入れしやすいでしょう。

 

ライオンテールの注意点
  • 尻尾だけでなくバランスを見て、身体も短くしてもらう

 

最後に

この記事では、10種類のシーズー犬のカットをご紹介しました。

我が家のシーズー犬達は、3匹共毎回同じにしてみたり、

1匹だけ男の子のシー太郎はモヒカンカットにしたりして

楽しんでいました💛

 

夏は大体サマーカットをしていました。

次回の記事では、自宅でのお手入れ方法やトリミングサロン選びの

事などを書いてみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました