【コスパ最強】中学留学させた娘の、英語学習法

娘マレーシア単身留学

1歳から英会話スクールに通い出した一人娘。

留学を考え出したのは、小3の時・・・

小学校は英語のコースがある所を受験し、60名以上の受験者が居たところ、

合格者は30名未満でした。

 

その小学校へ受験を考えたのは、年長に上がるちょっと前。

何としても合格させたかったので、受験塾に通うことにしました。

 

入学試験前にしていた英語対策

年中の頃に通っていたインターナショナルプリスクールでの、

復習が主でした。

 

公文の英語で聞くことを強化

公文にはずっと週2回通い続けていたので、eペンシルで

英語は聞けていました。

年長の頃は中1程度の英語を、学習していました。

 

入学試験ではネイティブ先生からの面接もあり、5W1H的なことを聞かれたみたいです。

公文の英語は、そういった基本的なセンテンスがスラスラ出てくるように

学べるので、綺麗なセンテンスを身に付けられたのだと思います(^^)/

 

公文の英語の教科書は薄くて軽いし、eペンシルも小さいので、

持ち歩いても学習しやすかったです。

 

フォニックスのYouTube動画

親子で毎日視ていました

インターナショナルプリスクールでは、とにかくフォニックスが大事だと

言われていました。

これを毎日視て♪とフォニックスの動画を送ってくれたりしていました。

 

ですので、受験対策としても、フォニックスの復習的に

視ていました。

実際、面接で、アルファベット発音なら、不合格だったのかもな・・・

と思います。

 

英語コースに入学後の英語の勉強スタイル

入学後は、周りのお友達の英語力が高くて、我が子が心配になりました(^_^;)

うちの子は割とおとなしいですが、外国人の様に

明るい子が多く、付いていけるか心配でした。

 

英語のコースに入ったことで、英語の塾は不要と考えていた

我が家とは裏腹に、放課後もキチンと英会話スクールに通っている子も

多かったです。

 

我が家は公文を3教科、スイミングなどもさせたかったので、

とてもそこまで手が回りませんでした(^-^;

 

ディズニー映画のDVDを英語でみせるとか、英語の絵本

買ったり、図書館で一生懸命借りて何とか過ごしました。

 

コスパ最強だったと感じる、我が家の英語教育

英語学習に関しては、あれこれあり過ぎて本当に頭を

悩ませるものです。

我が家はそんなに高い教材など買わずに、図書館の英語の絵本

公文の英語でコツコツとやってきました(‘ω’)ノ

 

生きた英語も重要だと考えて、英語の幼稚園のサマースクールに

参加したり、年中の1年だけだけど、インターナショナルプリスクールに

通えたことは、娘を英語好きにさせられた大きな過程だったと

思います♪

 

私が思うに、英語学習スタート早ければ早いほど良い‼

ということです。

英語が苦になってしまう前に、親子で楽しめる時間を持つなどしていれば、

自然に身に付いていくものだと思います。

 

教育資金が潤沢にあるのなら、親子留学も大変おススメです。

日本語が無い場所で育つ・・・というのが、語学だけでなく

文化も身についていくからです。

 

但し、余り小さすぎても今度は日本語が微妙⁇となっても

困るので( ´∀` )

 

我が家は小6の2学期から単身留学させて、丁度よかったかな・・・

思います。

  • インターナショナルプリスクールに通ったのは1年だけ
  • 小学校からは英語コースに入り、塾代を削減

上記の2点が、コスパ最強な我が家の英語教育かな・・・と感じます。

 

そして英語は楽しい♬、外国って面白そう🎵とワクワクした

気持ちで子供に接していくことも、大事だと思います(^_-)-☆

 

あなたのお子さんも、グローバルに育っていくことを

願っています♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました