マレーシアの英語、旅行と仕事、求められる英語力の違い

娘マレーシア単身留学
ウラサク
ウラサク

こんにちは!ウラサクです。

 

マレーシアに旅行、移住する事になった・・・という方は、

マレーシアの英語って実際どうなの?

 

と気になる事と思います。

この記事では次のような疑問にお答えします。

  

❔マレーシアの言語に関する疑問
  • マレーシアで英語は通じる⁇
  • なぜマレーシアでは英語が通じるの❓
  • Malaysia人の英語は「訛り」がある?
  • Malaysiaで生活するにはどれくらいの英語力が必要⁇

 

この記事は主に、Malaysiaに旅行したい方、住んでみたい方に向けて書いてます。

 

こんな方におススメ

  • Malaysiaに旅行する予定がある方
  • Malaysiaへの移住に興味がある方
  • Malaysiaへ海外転勤の予定がある方

 

私は、娘をマレーシアへ単身留学させて1年5ヶ月経過しました。

娘は、英検準一級取得に向けて、絶賛生きた英語を日々学んでいます。

 

娘は、1歳から英語に触れさせてきましたが、Malaysia生活では、

英語が出来れば困ることは無い❣と言い切れます。

 

マレー語は殆ど使用することなく、英語だけで生活できてしまいます。

Malaysia人の使う英語に、娘も慣れてきたようで、現地で生活するというのは

郷に入っては郷に従え(笑)で、慣れてくるものですね。

 

この記事のポイント

✅Malaysiaの首都圏、観光地では英語が通じる

✅旧イギリス植民地時代→学校での英語教育

✅Malaysia人の英語は訛りあり、聞き取るのは少し大変

 

是非最後までお読みください。

 

Malaysiaは英語社会

「Malaysiaで英語は通じるか❓」

答えは「大丈夫です。」

 

看板などはマレー語と英語が併記されていたりします。

日常的には英語が話されています。

 

Malaysia人の英語は、能力が高いと聞いたことがあるかもしれませんが、

実際、マレーシアは「英語社会」です。

 

英語だけでMalaysiaは生活できると言えます。

娘は、コンビニのレジで英語が通じなかった事があるそうですが(^^;)

 

人によっては英語が苦手だったり、地方都市へ行くほど、

英語が通じなくなって来るようです。

 

マレー語が話せなくても、充分生活には困りません。

 

ポイント

日本人が訪れる、観光地や居住する地域では、英語が通じる確率が高いです。

ウラサク
ウラサク

英語の他、中国語も娘の寮では飛び交っているようです。

 

Malaysiaでは、なぜ英語が話されている?

Malaysiaの公用語は「マレー語」なのですが、広く英語が使われています。

Malaysiaではなぜ、英語が普及しているのでしょう・・・

 

 

Malaysiaはかつてイギリスの植民地でした。

その植民地時代に、学校では英語教育が行われ、Malaysiaに英語が

浸透していきました。

 

イギリスから独立した後、1967年マレー語が公用語だと

定められました。

 

マレー語が公用語となった後も、英語が日常的に使われていきました。

当時の首相は、英語教育の重要性を感じて、学校教育に英語を

取り入れていきました。

 

最初は、科学と数学のみ英語で行われていたようです。

ポイント

生活だけではなく、学校教育にまで英語を取り入れることによって、Malaysia人の英語は流暢になったと、考えられます。

Malaysia人の英語の訛り、半年くらいで慣れる⁇

日本人の英語は「カタカナ英語」と言われておりますが、Malaysia人の英語は

「マングリッシュ」と言われています。

 

ポイント

Malaysia人の英語は、正統派な英語発音ではないけれど、伝えたいことをハッキリ発音するので、伝わりやすいのでしょう。

娘曰く、「r」の発音が、短いようで、聞き取るのに少し苦労したそうです。

でも、今は、慣れてしまったようですよ♪

 

ウラサク
ウラサク

娘の学校は中華系Malaysia人が多いので、少し中国語混じりの

英語も良く話されているようです。

Malaysia人の英語力は?

Malaysiaで生活するにあたって、Malaysia人の英語力は❓というと・・・

Malaysiaの大卒は即戦力となる英語を身に付けているそうです。

職業を幅広く見ても、採用条件として、英語が話せることが挙げられていることが

必須条件だったり、話せると仕事の幅が広がる感じです。

 

Malaysia人は、発音などよりも、意思がハッキリ伝わる英語を使うようです。

Malaysia人は学校で英語教育を受けてきました。

 

勿論、日常生活で英語を使う場面は、日本に比べて多いですが、

学校教育で英語を習ってきたのは、日本と一緒。

 

Malaysia人の使う英語は、日本人同様、発音や文法が間違っていること

あります。

 

ですが、Malaysia人の使う英語は、ハッキリと意思が伝わるように

話します。

 

聞いている側としては、発音、文法に関係なく、言いたいことが

きちんと理解できるのでしょうね。

 

ポイント

Malaysia人の使う英語は、「正統派」ではないけれど、意思が伝わる「実践的」な英語だと言えます。

「can」の使い方が独特

娘が留学する際、利用したエージェントのYouTube動画で

みましたが、Malaysia人の使う「can」が独特だということ。

 

「can」の語尾によって色々意味が変わるというものです。

最後の方ですが、「can」の独特な使い方を話されています。

Malaysia旅行、移住にどのくらいの英語力が必要か⁇

「Malaysiaで必要な英語力」と言っても

  • Malaysiaを旅行するのか
  • Malaysiaで働くのか

必要とされる英語力は違ってきます。

 

Malaysiaを旅行する

Malaysiaで旅行するのに必要な英語力は、中学英語が必要な場面で、

構文が出てくる程度だと思います。

 

難しい構文が使えなかったり、相手の言っていることが聞き取れなかったとしても、

自分の伝えたいことが言えれば充分です。

 

Malaysia人の高い英語力で、こちらが伝えたいことは理解してくれるでしょう。

Malaysiaに移住後、働かない

Malaysiaに移住して、仕事に就かないなら、中学英語で大丈夫かと

思います。

 

よく、リタイア後にMalaysiaに移住される方がいらっしゃいますが、

最低限の英語で生活していけています。

 

Malaysiaに移住した日本人は約3万人

日本語だけで完結してしまうグループもあります。

 

Malaysiaで仕事をする、現地の人と関わる

Malaysiaで仕事をするには、やはり、高い英語力が必要です。

「聞く」「読む」が特に重要。

ここがポイント

Malaysiaで仕事をする場合にはTOEICで700点以上が必要かと思います。

TOEIC600点以下だと、聞き漏らしたりして、仕事に支障が出てきたりする

ようです。

 

「話す」「書く」事に関しては、中学英語でも行けそうです。

長々と難しい英語を使う必要はなく、簡単な単語を繋いでいった方が、

伝わる感じがします。

 

まとめ:マレーシアで英語は通じるけど、訛りに慣れる必要がある

結果的に言えばMalaysiaで英語だけで、生活できます。

公用語はマレー語ですが、かつてのイギリス植民地時代の影響で

街中に英語表記が溢れています。

 

外国人としてMalaysiaに行くならば、英語が出来れば困ることは

無いでしょう。

 

Malaysia人の使う英語は、初めは聞き取りにくいかもしれませんが、

慣れます(笑)

 

英語の基礎的な所を鍛えれば、自分の主張は伝えられるかと

思います。

 

英語が第二言語であることは、Malaysia人も日本人も一緒。

そう思って、気軽に英語で話しかけられると良いですよね🎶

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

コチラもcheck
ウラサク
ウラサク

noteでは、娘の単身留学についてや、アラフィフ主婦ゆるミニマリストの事も

書いてます。

読みに来てくださいね♬

この記事を書いた人

裏道サクラ
裏道サクラ
・海外生活に憧れるアラフィフパート主婦

・一人娘はマレーシア単身留学中

・夫と二人で低コストライフ、ゆるミニマリスト

・娘の教育終われば、ゆるFIRE

・小さなコーヒー屋さん経営

コメント

タイトルとURLをコピーしました