日本人留学生に人気のマレーシア大学

娘マレーシア単身留学

マレーシアの大学へ入学したい、と思った時、その学費の安さは

本当に魅力的です。

 

今、13歳の娘の進路について、インターナショナルスクールは後、

約4年通うかと思いますが、マレーシアの大学へ行ってほしいと

思っています。

 

その理由について、書いてみます。

 

魅力① リーズナブルな学費

マレーシアの大学留学費用は

  • 私立大学 年間80万円程度
  • 国立大学 年間30万円程度

となっています。

 

欧米だと年間250万円位なので、半分以下まで抑えることが出来ます。

マレーシアの大学は学費が安いのに、高水準な内容を

学ぶことが出来ます。

 

更に、設備も充実していて、近年マレーシアの大学の注目度は

上がっています。

 

マレーシアの大学 物価が安いことでコストダウン

マレーシアの物価は、日本の半分くらいと言われています。

その為、学費だけでなく生活費も抑えることが出来ます。

 

ロンドンやシドニー、ニューヨークでは物価がどんどん上がっていく中、

留学生は試行錯誤しながら、生活しています。

 

ウラサク
ウラサク

マレーシアなら無理することなく、生活できますね。

生活費の事に思考を使う必要がなく、勉強に集中できることから、

マレーシアの大学を選べば、コストパフォーマンス抜群と言えるでしょう。

 

 

魅力② ユニークなプログラムで有名大学へ

「デュアルディグリープログラム」や「ツイニングプログラム」といった

ユニークなプログラムが、マレーシアの大学では大きな特徴です。

 

これらのプログラムはマレーシアの大学に通いながら

オーストラリアなどの学位を取得出来るというもの。

 

例えばマレーシアのサンウェイ大学は、イギリスの名門校

ランカスター大学と提携していて、デュアルディグリー・プログラムを

利用すれば、サンウェイ大学で勉強しながら、

ランカスター大学からも卒業証書が貰えます。

 

また、ADPプログラムを利用して、北米の大学に編入することも

可能です。

 

ツイニング・プログラムを利用して、イギリスやオーストラリアの

大学に編入することも出来ます。

 

マレーシアの大学は、世界各地へはばたけることが出来るよう、

グローバルな留学先となっています。

 

魅力③ グローバルビジネスで活躍できる教育

大学の世界ランキングを見ると、マレーシアの大学は多くの

大学が上位にあります。 

 

又、マレーシアの大学は留学生の割合が高い学校が多く、

中には留学生が80%という学校もあります。

 

そんな環境の中で勉強するわけですから、切磋琢磨することでしょう。

マレーシアの私立大学は、元々、専門学校だったという事もあり、

専門性の高い分野を学ぶことが可能です。

 

国際的なビジネスパーソンを目指しているなら、マレーシアの大学は、

大変おすすめです。

 

マレーシアの大学の種類

マレーシアの大学は、日本同様、国立大学や私立大学があります。

日本のような経営体の違いだけでなく、学部や制度が大きく

異なることが特徴です。

 

私立大学の分類
  • 「University」
  • 「University College」
  • 「College」

 

入学条件

マレーシアの大学に入学するには、書類審査となります。

日本の様な一括試験はありません。

 

基本的に書類の提出で、合否が決定します。

合否の基準は、大学によって異なりますが、日本の高校での

成績が平均以上なら、充分合格の見込みはあると思います。

 

英語力の証明

高校の成績と合わせて、英語力の証明書も提出します。

英語力も大学によって、基準は違いますが、最低でも

  • IELTS5.5
  • TOEFL550以上

が目安となります。

 

ウラサク
ウラサク

英語力が足りないな~と思っても、大丈夫。

補う方法もあります。

 

英語力強化方法
  • 付属の英語コースを受ける
  • 先ずは私立の語学学校へ入る
  • フィリピンで短期集中、語学留学

 

フィリピンは地理的にもマレーシアに近いですし、短期集中して

英語力を高めることが出来るので、マレーシアの大学進学に備えるうえで、

効率的と言えます。

 

ファンデーションコース

マレーシアの教育は、イギリスの影響を色濃く残しています。

中等教育(中学・高校)が5年で、日本とは異なります。

 

大学1年目から早速、専門分野の勉強が開始されるので、基礎的なことを

履修しません。

 

その為、ファンデーションコースという「大学進学準備コース」で勉強してから、

大学に進学するのが一般的です。

 

しっかりと基礎を築いたうえで、大学進学に臨めるため、進学後も

高い成績を狙える堅実な方法と言えます。

 

マレーシアの大学の選び方

勉強したいことをはっきりさせる

大学で「何を勉強したいのか・・・」をはっきりさせることは、最も

重要です。

 

マレーシアの私立大学は、元々専門学校だったという事もあり、

  • ホスピタリティ
  • IT
  • ビジネス

などを非常に専門的に学ぶことが出来ます。

 

それぞれの大学でカラーも違うので、自分の学びたいことを

明確にして、大学を決めていきましょう。

 

海外との提携に注目してみる

マレーシアの大学のユニークな点として

  • デュアルディグリー
  • ツイニングプログラム

と言った、海外大学との提携関係です。

 

イギリスに訪れなくとも、イギリスの大学卒業資格が得られたり、

アメリカへ途中から進学したりと、多種多様なプランが実現可能です。

 

その大学が、どこの国と提携をしているのか、二国目に注目してみることで、

自分だけの留学プランを創ることも可能です。

 

大学の環境

大学によってキャンパス環境は大きく異なります。

市内中心部のエリアの大学もあれば、郊外の落ち着いた立地であることも

 

ウラサク
ウラサク

自分にマッチした環境を選びましょう♪

 

まとめ

マレーシアの大学の特徴

  • リーズナブルな学費
  • 生活費も抑えられる
  • 提携先の大学の卒業資格も得られる
  • より専門性を身に付けられる

といった感じです。

 

大学を卒業してから、就職先で、即実力を発揮できるところが、

学ぶ甲斐があると思います。

 

是非、挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

我が家のインターナショナルスクール年間費用は❓

記事はコチラ

この記事を書いた人

裏道サクラ
裏道サクラ
・海外生活に憧れるアラフィフパート主婦

・一人娘はマレーシア単身留学中

・夫と二人で低コストライフ、ゆるミニマリスト

・娘の教育終われば、ゆるFIRE

・小さなコーヒー屋さん経営

コメント

タイトルとURLをコピーしました