PR

モバイルバッテリー選び方 容量 計算方法と注意点

雑記
記事内に広告が含まれている場合があります。

外出先でスマホやタブレット端末を充電できる、

「モバイルバッテリー」。

 

カフェでお仕事したり、旅行をするときに便利なアイテムです。

いざ、買おうとした時、

 

  • どこを見て決めればいいの❓
  • 自分に合った製品が分からない

と言った方も多いでしょう。

 

この記事では、モバイルバッテリーの特徴や、購入時に

必ずチェックしておきたいポイントをご紹介します。

 

ウラサク
ウラサク

又、モバイルバッテリーを安全に使う注意点もご紹介します。

 

是非、最後までご覧ください。

 

モバイルバッテリーとは?

モバイルバッテリーとは、持ち運べる充電器の事を

指します。

 

繰り返して充電できるバッテリーを内蔵し、外出先でも

ノートパソコンやタブレット端末、スマホなど、幅広く

デバイスを充電することが出来ます。

 

コンセントが無い場所でも充電することが出来るので、

  • 長時間の外出や旅行
  • 音楽シーン
  • レジャー

などに、欠かせないアイテムとなっています。

又、停電時にも充電できるため、防災グッズとしても

活躍します。

 

バッテリー選びのポイント①充電の性能

多種多様な製品が発売されている、モバイルバッテリーの世界。

どれを選んだらよいのでしょう・・・

 

選ぶうえでチェックしたいポイントをご紹介します。

先ずは、充電の性能として、

 

  • バッテリー容量
  • 充電速度の出力
  • 充電の方法

を取り上げます。

 

バッテリー容量 mAh

はじめにモバイルバッテリーの容量です。

そのバッテリーがどれだけ充電できるのかを示します。

 

容量は「mAh」(ミリアンペアアワー)で表されるのが、一般的です。

製品パッケージや本体にも記載されています。

 

5000mAh などと表記されています。

 

この数値が大きいほど容量が大きく、一度にたくさんの量や、

複数回充電することが出来ます。

 

但し、容量の全てを充電できるわけではありません。

充電する際には、エネルギーのロスが発生するため、

充電できる容量は「約6割」と言われています。

この実際に充電できる容量を「定格容量」と言います。

例えば・・・

 

10000mAhのモバイルバッテリーの場合、

実際に充電できるのは、およそ

 

6000mAhとなります。

 

現行のスマホは、4000mAhの容量を持つ機種が一般的です。

10000mAhのモバイルバッテリーを使用した場合、

約1回半、充電できることになります。

 

ウラサク
ウラサク

万が一の備えとして、少なくとも1回以上は充電できる

容量の製品を選びたいところです。

 

それを踏まえて、スマホの容量以上の定格容量を

備えるモバイルバッテリーを選びましょう。

 

複数回充電することを想定するなら、20000mAhなど

ちょっと大き目のモバイルバッテリーを選ぶのも1つです。

 

ここで1つ、飛行機での注意点⚠

モバイルバッテリーを機内持ち込みする際の注意点

飛行機に搭乗する際は、モバイルバッテリーを預け入れ荷物とすることが、

不可で、機内持ち込みとなります。

 

持ち込めるのはワット数が「160Wh以下の製品」のみです。

スマホやタブレット端末用のモバイルバッテリーで、

「160Wh」以上を超える物はほとんど無いので、

そこまで気にする必要はありません。

 

充電速度の出力 W

容量と同じ位重要なのが、充電速度を左右する「出力」

そもそも充電とは、モバイルバッテリーからデバイスへ

電力(W)を送ることです。

 

出力も電力も同じ「W」(ワット)で表され、この数値が

  • 大きいほど充電速度が速くなり
  • 短時間で充電できる

ということになります。

 

製品ページでは

  • 出力
  • 定格出力

といった項目で確認することが出来ます。

又、出力や電力のWは、

 

電圧(V)×電流(A)

 

の計算式で決まるので、電圧や電流も合わせて、チェックすると

いいでしょう。

 

スマホ向けのモバイルバッテリーで多く見られるのが、

12W程度

 

最近ではより高出力の製品も出ているので、

充電速度を重視するなら、18Wを目安に

 

選びましょう。

又、出力が高いほど、充電できるデバイスも増えます。

 

ノートPCを充電したい場合、スマホ向けに多いモバイルバッテリーの

12W程度では、出力が足りなくて、充電できないこともあります。

 

外出先で頻繫に、ノートPCを使用したり、充電する方は、

30W以上の製品を目安に探してみると良いでしょう。

 

急速充電とは⁇

モバイルバッテリーの中には、

  • USB Power Delivery
  • Quick Charge

に対応する製品があります。

 

これらはUSBに対する充電規格で、従来の規格よりも遥かに

高い出力に対応するのが特徴です。

 

USB Power Deliveryは最大240Wの出力に対応。

Quick Chargeはバージョンによって出力に違いがあるものの、

従来規格よりも高出力で充電が可能です。

 

これらの規格に対応する、モバイルバッテリーやデバイスであれば、

急速充電ができ、更に素早く充電が完了します。

 

充電の方法

モバイルバッテリーがどのケーブル(USBポート)に対応しているかも、

必ずチェックしておきたいポイントです。

 

充電するデバイスの方は、

  • スマホならUSB Type-CやLightning
  • ノートPCならUSB Type-A

がほとんどです。

 

しかし、モバイルバッテリーの方は製品によって、出力に使用する

ポートが様々なため、どのケーブルが使えるか、確認する

必要があります。

 

又、モバイルバッテリーは出力(デバイスへの充電)だけでなく、

入力(モバイルバッテリーへの充電)に使用するポートもあります。

 

その他コンセントが付いていて、モバイルバッテリーを

コンセントに挿して充電できるものもあります。

 

モバイルバッテリーに充電するためのケーブルが不要になる為、

便利です。

 

 

対応ポートを確認せずに購入すると、モバイルバッテリーを

買ったけど、手持ちのケーブルが使えない・・・(^^;)

 

ということになってしまいかねません。

  • デバイスとモバイルバッテリーのそれぞれの対応ポート
  • 使用するケーブルの端子の組み合わせ

をキチンと確認しましょう。

 

 

バッテリー選びのポイント②サイズとデザイン

ウラサク
ウラサク

次にモバイルバッテリーのサイズやデザインについてご紹介します。

 

サイズ

コンパクトで持ち運びに便利なモバイルバッテリーですが、

容量が増えるほど、本体サイズも大きくなります。

 

大容量なのは嬉しいけど、重い・・・💦となってしまっては、

困りますね。

 

日々のモバイルバッテリーの使用シーンを想定して、

容量との兼ね合いを考慮しながら、最適なサイズを選びましょう。

 

例えば旅行やフェスなどの、移動が多いシーンでは、

なるべく荷物を減らしたいもの。

 

そうした場面では、スマホよりも小さいモバイルバッテリーが

おススメです。

 

スマホよりも小さいモバイルバッテリーを選べば、重量も軽くなる為、

スマホに接続した状態で、ポケットに入れることも出来ますね♪

 

 

外出先でノートPCを使って、じっくり作業するなど、

移動が少なく、そこまで荷物が多くなければ、大きなサイズでも

問題ないでしょう。

 

ノートPC向けのモバイルバッテリーは、スマホと同サイズか、

それよりも大きいサイズが一般的です。

 

 

薄型やカバンのすき間を利用できる、直方体の製品もあります。

 

 カバンの大きさや荷物の量によって、最適な製品を

選びましょう。

 

デザイン

最後はモバイルバッテリーのデザインについてご紹介します。

サイズと同様に、モバイルバッテリーは様々な形や機能を

持った製品が発売されています。

 

ウラサク
ウラサク

持ち運ぶ方法や自分の好みに合わせて、選んでみましょう。

 

災害時やアウトドアなど、特定のシーンで使うことを想定して、

製品を選ぶのもいいですね!

 

そして、製品によっては複数のカラーバリエーションが

用意されていることも♡

 

スマホや他の持ち物と合う色の製品を選べば、ちょっと

オシャレにモバイルバッテリーを使えますよね。

 

 

キャンプや災害時に活躍するポータブル電源

ポータブル電源はスマホやタブレット端末向けの、モバイルバッテリーよりも

遥かに容量が大きく、USBポートだけでなく、ACやDC電源にも

対応するのが特徴です。

 

冷蔵庫や扇風機などにも給電できるため、キャンプや

アウトドアシーンで活躍します。

 

又、災害時に停電した際の、非常電源としても使えるため、

防災用品としても注目を集めています。

バッテリー選びのポイント③安全性

ウラサク
ウラサク

先ず製品選びで気を付けたいポイントは「PSEマーク」の有無です。

PSEマークとは

その製品が、

電気用品安全法で定められた安全基準を満たしていることを指します。

 

この電気製品安全法はあらゆる電気製品が対象となる法律で、

厳しい検査基準が設けられています。

 

2019年にモバイルバッテリーも電気製品安全法の

規制対象となり、現在は「PSEマーク」の記載がない商品は

販売禁止となっています。

 

モバイルバッテリー選びの大前提として、この「PSEマーク」

記載された製品を選びましょう。

 

モバイルバッテリーへの強い衝撃や発熱に注意

モバイルバッテリーの事故は、バッテリーの劣化が原因となることが

あります。

 

日光の当たる場所に保管したり、真夏の車内など、高温に

なる場所に放置したりするると、バッテリーが熱を持ち、

劣化の原因になることがあります。

 

ウラサク
ウラサク

又、強い衝撃を与えないこともポイントです。

 

モバイルバッテリーは精密機械である為、強い衝撃が

加われば、破裂や損傷、故障の危険性も高くなります。

 

持ち運びの際は、落としたりぶつけたりしないように注意しましょう。

モバイルバッテリー劣化のサイン
  • 充電できる容量が減った
  • 異常に発熱している
  • 本体が膨張してきた

この様な異常を感じたら、劣化している証拠です。

劣化してきたモバイルバッテリーを使い続けるのは、危険なので

直ぐに買い替えましょう。

 

まとめ

多種多様な製品が販売されているモバイルバッテリー。

容量やサイズなど重視するポイントは人それぞれです。

 

この記事を参考に、自分に合ったモバイルバッテリーを

見つけてみましょう♬

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

裏道サクラ
裏道サクラ
・海外生活に憧れるアラフィフパート主婦

・一人娘はマレーシア単身留学中

・夫と二人で低コストライフ、ゆるミニマリスト

・娘の教育終われば、ゆるFIRE

・小さなコーヒー屋さん経営

コメント

タイトルとURLをコピーしました