PR

マレーシア中学留学で、世界の名門校も夢じゃない

娘マレーシア単身留学
xr:d:DAFqA2MerLQ:136,j:3107908358869218172,t:24041207
記事内に広告が含まれている場合があります。

「日本の教育は小学生まで。中学からは海外で学ばせる」と、

私は娘が小学校低学年の頃から、考えるようになりました。

 

日本の教育は

  • 教育内容が30年前から変わっていない
  • 英語が話せるようにならない
  • IT教育が中々進まない

と感じています。

 

世界から日本を見てみると、日本だけ何だか取り残されている

感じもします。

 

日本だけでなく、海外にも暮らしてみたいし、娘には

世界の好きな国で仕事をしてほしい・・・と

考えたら、マレーシア留学が検索でヒットしました。

 

マレーシア留学、特に「小中留学」が注目されています。

何故マレーシア留学がお勧めなのか、留学してもう直ぐ

2年が経とうとしている、ママ目線で書いてみたいと思います。

 

増えている、マレーシア留学する小中学生

2016年ころから、7歳~14歳前後の「親子留学」や

「単身留学」で注目され始めたマレーシア。

 

2020年はコロナのため、一時中断されていました。

本当に留学が実現できるのか、不安に思いながらも、

必ず状況は良くなると信じて、情報収集をしてました。

 

2022年春夏は渡航が出来るようになり、沢山の

日本人がマレーシアに渡っています。

 

日本だけでなく

  • 韓国
  • 中国
  • 香港
  • 台湾

などからも多くの留学生が訪れています。

娘のルームメイトは韓国人や中国人です。

 

でも、何故マレーシア???

 

マレーシアの公用語は「マレー語」ですが、多くの人が

日常的に英語を使います。

 

ウラサク
ウラサク

 

マレーシアのインターナショナルスクールは180校ほどあり、

どんどん増えてきています。

 

その多くはイギリス式カリキュラムを採用しています。

 

かつてマレーシアはイギリスの統治下にあったので、

現在も英国連邦の一部という事に寄与します。

 

マレーシアが最初の留学先に選ばれる理由
  • 欧米やオセアニアと比べて学費が安い
  • 東南アジアの中で特に治安が良い
  • 親日国である
  • 医療サービスは充実していて生活がしやすい

 

ウラサク
ウラサク

 

 

世界共通テストIGCSE取得で、名門大学への道も

娘も通っているイギリス式の中等教育を行う、インターナショナルスクールでは、

16歳前後で

IGCSE

(International General Certificate of Secondary Education:国際中等教育修了証明)

を受験し、卒業資格を得られます。

このIGCSEを認定するのは、教育界の世界的権威である、

ケンブリッジ大学国際教育機構です。

 

IGCSE・・・日本ではまだ知名度が低いですが、

世界で最も人気のある「国際資格」と言われています。

 

海外の大学進学のルートはいくつかの選択肢があります。

最短でコスパが良いコースと言えば、

 

大学のファウンデーションコースに1年通って、所定の

成績を納める→その後大学の学士課程に入ることが出来る。

(ファウンデーションコースとは、一部の大学が採用している

大学進学準備コースのこと。)

 

大学の学士課程に直接入学するには、トップクラスの

成績を求められる名門大学でも、この

「ファウンデーションコース」を経ることで、一般的な勉強でも、

入学できる可能性が広がります。

 

IGCSE合格基準

5科目で7割以上の得点を取る。

 

IGCSEとファウンデーションコースを利用する以外にも、

アメリカやオーストラリアの名門大学に編入出来たり、

マレーシアにある大学に通いながら、それらの名門校の

卒業資格が取れるという制度も充実しています。

 

ウラサク
ウラサク

 

この様に世界の名門大学への近道であるマレーシアなのですが、

どうやったら留学させられるのか・・・

 

  • 親子留学
  • 単身留学

2つの方法があります。

 

親子留学では、ママが子供とマレーシアに移住して、

パパは日本から仕送りするというパターンがよく見受けられます。

 

マレーシアの生活費の目安
  • 学費以外ならひと月20~30万円で抑えることも出来る。
  • 家賃が10万円以内でも、プール、ジム付き3LDKに住むことが可能。
  • 物価は安い。

アメリカに比べれば、生活費は抑えられるものの、日本と同じレベルの

ことをするには、日本に比べて少し安い・・・位

捉えておいた方が良さそうです。

 

私が娘に際したのは、寮生活。

単身留学です。

 

寮を備えたボーディングスクールから探していきました。

 

 

寮に入れる学年は低学年なら無理ですが、9歳から可能

ところがありました。

 

多くのボーディングスクールでは、大体11~12歳前後から

入寮することが出来ます。

 

一般的に寮費は学費より少し低いくらいで、年間60~300万円

程度(^^;)と幅広いです。

 

 

学校も勿論そうですが、寮も入ってみないと見えずらい所も💦

寮母さんと気が合わなかったり、ルームメイトとは

会話が無かったり・・・

 

それも良い経験をさせて頂いている、前向きに捉えて

見守っています。

 

マレーシアのインターナショナルスクールのランク分け

マレーシアのインターナショナルスクールは、学校により

学費が様々です。

 

松竹梅のランク付けがあると言われています。

松のインターナショナルスクール

 

竹のインターナショナルスクール

 

梅のインターナショナルスクール

 

学費の差は、イギリスやアメリカなどの英語を母国語としている

先生の在籍人数の差と言えます。

 

学費の安い学校は、全てがマレーシア人やその近隣の国からの

先生になります。

 

娘のインターナショナルスクールは、マレーシア人先生が

多めの、学費は安い部類に入ります。

 

併せて立地や、設備の充実度も学費に影響します。

確かに松のインターナショナルスクールに入れたい・・・と

考えていたこともありました。

 

転校させるか?とも。

松の良さ
  • ネイティブ講師の語彙の多さ
  • 教養の高い洗練された講師の振る舞い

娘は英語コースの小学校では、主に、ネイティブ講師の

英語を聞いていました。

 

基礎はアメリカ英語が聞き取れる耳をしているので、その辺りは

娘にもう任せてしまっています(笑)

 

将来ビジネスで使う英語は、ネイティブ圏の人以外の方が

多いかもしれないし、訛りを受け入れられた方が、良いのでは⁇

 

とも考えられます。

国籍に関わらず、熱意ある先生は存在しますので、

学費を重視して今のインターナショナルスクールに決めました。

 

マレーシアインターナショナルスクールの他のカリキュラム
  • IB(インターナショナル・バカロレア)式
  • アメリカ式

など多種多様

ウラサク
ウラサク

 

マレーシアインターナショナルスクールに在籍する意義として・・・

3年間ほど期間をかければ、英語脳という武器

手に入ります。

 

一先ず2年間と設定して、日本の私立中学校や高校、大学受験の

帰国子女枠を視野に入れるのも1つですね。

 

見学せずに選んだ、インターナショナルスクール

実際に学校選びをする際、見学は不可欠ですね。

我が家も幼稚園から始まり、園や学校を必ず見学してから

入らせました。

 

でも、この単身留学に至っては、YouTube動画で

入学を決めました(笑)

 

コロナの影響でマレーシアに渡航できなかったので、

エージェントさんのYouTubeで学校紹介を見てました(笑)

 

マレーシアインターナショナルスクールでは、長期休みなどに

  • スプリングスクール
  • サマースクール

など体験プログラムが用意されている学校もあります。

 

そのインターナショナルスクールで実際に授業を受け、

寮にも泊まれます。

 

ですが、学校の良い部分だけしか見られない事も多く、

プロモーション目的なことも懸念されます。

 

お子さんに留学への興味として、体験させるのは良いと思いますが、

別の機会に体験や見学を落ち着いてすることの方が、

有意義です。

 

学校に直接メールしてみることをお勧めします。

 

 

と、今回は、こんな感じで、小中学生に超おすすめな

マレーシア留学の事について書いてみました。

 

もしご質問などあればお気軽にお問い合わせください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

裏道サクラ
裏道サクラ
・海外生活に憧れるアラフィフパート主婦

・一人娘はマレーシア単身留学中

・夫と二人で低コストライフ、ゆるミニマリスト

・娘の教育終われば、ゆるFIRE

・小さなコーヒー屋さん経営

コメント

タイトルとURLをコピーしました