PR

ガス代節約を徹底!古狭アパート暮らしの効果的な方法

低コストライフ
記事内に広告が含まれている場合があります。

この記事では、古狭アパート暮らしを1年半経験した、

夫婦二人暮らしの、ガス代節約テクニックをご紹介します。

 

ウラサク
ウラサク

 

プロパンガスの1か月平均使用量

我が家はかなりケチケチでガスを使っていると思いきや、

平均より多い傾向にありました(笑)

 

我が家は温度設定出来る給湯設備ではなく、熱湯と水で

自分で温度調節するタイプです。

 

このタイプはやはり、パワーを要するのでは❓と

感じました。

 

追い炊き機能とかも無いから、熱い湯をたします。

でもこれが気持ちいい♥

 

パワフルさはとても気に入っています。

そこにはお金を掛けてもいい❤という感じです。

 

但し、無駄には使わない事は常に意識します❣

 

※石油情報センターのデータによると、

  • 1~2人世帯・・・6.5㎥
  • 3人世帯・・・8.9㎥
  • 4人世帯・・・11.3㎥
  • 5人世帯・・・11.7㎥
  • 6人世帯・・・12.0㎥

となっているようです。

我が家はというと

 

冬から春にかけての平均=1か月8.5㎥

でした。

3人世帯位使っていて、ちょっとショック💦

 

入居したての頃、夫から

「めっちゃガスメーターが回ってた❣」と、言われて(^^;)

 

夫は私のシャンプー中に、

メーター確認したみたいで。

 

それから、シャンプーは週3回に減らしました。

残りの週4日は湯シャンです。

 

この後も、我が家のガス代節約について書いていきます。

少しでも参考にしていただけたら♪と( *´艸`)

 

楽しみながら取り組んだ、プロパンガス節約術

それでは、ここから我が家が取り組んだ、プロパンガス

節約術を見ていきましょう。

 

少しはストイックでしたが(笑)、楽しみながらやっていましたよ。

お風呂編
  • 浴槽に溜める湯量はおへそより下
  • 夫はシャワー無し、シャンプー無し

 

台所編
  • 調理時、余り火を大きくし過ぎない
  • お湯は、電気で沸かす
  • 基本、蓋をしての調理
  • おかずは品数を少なく、フライパンで2種類1度に作ったりする
  • 食器洗いは水、お湯は電気ポットで沸かしたものを掛ける

 

ウラサク
ウラサク

 

お風呂編

家庭の中で、ガス使用量が最も多いところは、

何と言ってもお風呂です。

 

家庭のガス使用量のうち、何と75%も占めています。

なので、お風呂で使用するガスを抑えられたら、大幅に

ガス代を節約できるという訳です。

 

浴槽に溜める湯量を見直す

浴槽に溜めるお湯の量を減らせば、その分ガス代の節約に

なります。

 

7~8分目位、湯船にお湯を溜めていたら、一度5分目程度で

試してみるのはいかがでしょうか。

 

半身浴です。

私はもっと少ないので、寝湯みたいに、浴槽に、Sの字みたいに、

横になって浸かったりしていました(笑)

 

お湯の量を少なくすることにチャレンジしてみて、やっぱり

お湯が足りない・・・と思ったら、浴槽に浸かりながら

お湯を足してみて下さい。

 

そうすれば、丁度よいところでお湯を止められます。

入りながらつぎ足すことで、無駄に多めに入れることも

無くなります。

 

追い炊き回数を減らす

追い炊きをなるべくしない事も、ガス代節約のテクニックです。

追い炊きをするごとに、その分ガス代が掛かります。

 

後で入るからと・・・とぬるくさせてしまうのは勿体ないです。

なるべく追い炊きを短時間にするためにも、家族で続けて

入ることが大事です。

 

設定温度を下げる

お風呂の設定温度を見直すことで、ガス代節約につながることが

あります。

 

ガスの使用量は、水温と設定温度の差で随分違ってきます。

設定温度を高くするほど、ガス使用量は多くなります。

 

冬場など水温が低いときに、冷たい水を熱くするという行動も、

非常にエネルギーを要します。

 

夏だけでも設定温度を下げてみてはいかがでしょうか。

 

シャワーの使い方を見直す

シャワーはこまめに止めるようにすることが、大切です。

ウラサク
ウラサク

 

節水機能が付いた、シャワーヘッドは、手元にストップボタンが付いていて、

いつでも簡単にシャワーを止められます。

 

必要な時だけお湯を出せば、ガス代だけでなく、水道代の

節約も同時に出来てしまいます。

 

キッチン編

お風呂ほどではないものの、キッチンでもガスを使います。

少しの工夫で大きく差が出来ていくので、しっかりと

チェックしていきましょう。

 

使用する鍋の大きさに合わせた火力にする

ガス代が高くなる理由の1つに、火力が大きすぎるという

点が挙げられます。

 

水を熱湯にするときに、強火から中火にするだけで、

節約できますし、蓋をしたりも有効です。

 

私は、ガスでお湯は沸かさず、電気ポットを

使っています。

 

後は、熱伝導率の良い鍋やフライパンを使うのもおススメです。

熱効率が良いと、小さな火でもしっかりと調理することが

出来ます。

 

鍋底の水滴をしっかりふき取ることも大切です。

鍋に水分がついたままだと、先ずは、その水分を蒸発させるために、

ガスを使ってしまいます。

 

無駄なガスを使ってしまうのです。

 

ガスコンロの使用時間を減らす

ガスコンロを使う時間を、なるべく短くするのも

節約のポイントです。

 

煮込み料理は圧力なべを使う、保温調理をするなどすれば、

調理時間を短縮できます。

 

電子レンジや炊飯器、電気ケトルなどを使えば、ガスコンロの

使用を減らすことが出来ます。

 

電気代は掛かりますが、ガスの使用に比べて、安く済むことも

あります。

 

調理には必ず蓋をする

私は麵をゆでるとき以外、蓋をして調理していました。

材料をどさっと入れて、蓋をして5分から10分・・・

 

放っておいた方が速く火が通ります。

柔らかくなり、味も良くしみ込んだりで、蓋をして調理するのが

私の基本となっています。

 

結果、ガス代節約に繋がっています。

 

同時に調理してしまう

目玉焼きも炒め物の隅の方で焼いてしまったり、

基本、大き目のフライパンで済ませています。

 

パスタをゆでる前に、ブロッコリーをゆでるとか、

せっかく沸かしたお湯を、有効活用しています。

 

まとめて出来ないか・・・と考えて実行していけば、

ガスの使用回数が減って、ガス代節約に繋がります。

 

食器洗いは節水と時短を心掛ける

食器洗いはお湯でされますか⁇

水からお湯にする行動が、一番ガスの使用量が上がる…と

知ってから、私は食器洗いにお湯を使うことを辞めました。

 

基本、真夏以外はゴム手袋を使用しています。

それで、真冬の水の冷たさから手をカバー。

 

油物は、電気ケトルで沸かしたお湯をかけておいて、

油を緩ませてから洗います。

 

これで、ガスの使用量はかなり抑えられているでしょう。

 

まとめ

プロパンガス代は、お風呂の使い方や、キッチンでの

使い方を見直すことによって、節約出来ます。

 

少しづつでもガス代を抑えることが出来れば、嬉しいですよね♫

プロパンガスは都市ガスに比べて、火力が強いので、

料理は火加減を弱くしても平気でした。

 

パワフル!といった意味では、プロパンガスってありがたい

存在✨

 

水からお湯に変える時が、最もパワーを要する・・・

いつも意識しておいて、ガス使用量を抑えて行きましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

裏道サクラ
裏道サクラ
・海外生活に憧れるアラフィフパート主婦

・一人娘はマレーシア単身留学中

・夫と二人で低コストライフ、ゆるミニマリスト

・娘の教育終われば、ゆるFIRE

・小さなコーヒー屋さん経営

コメント

タイトルとURLをコピーしました