中学マレーシア留学 VISA更新奮闘記❓

娘マレーシア単身留学

子供を海外へ単身留学させる場合、海外の医療保険に入っておく

必要があります。

留学エージェントを利用して、留学を進めた我が家は、

初年度はサポートがあったので、

 

  • マレーシアの医療保険の加入
  • 婚姻届の英語訳の取得
  • 戸籍謄本の英語訳の取得

など、スムーズに事は運びました。

 

留学生活2年目を迎えて、エージェントさんのサポートも薄くなり(笑)

母親が現地の方とやり取りして、無事にVISA更新手続き出来た~という

奮闘記⁇な内容です(‘ω’)ノ

 

英語苦手な私は、ドキドキしながら進めていきました💦

そうそう、学生VISA更新は毎年必要なのだ、というのも

再認識させられる事となりました。

初年度、初マレーシア ブキビンタンのららぽーとに行こうとしているところ🎵

日本人がマレーシアに住むことが出来る期間は、3か月。

それ以上住むとなれば、VISAが必要です(‘◇’)ゞ

 

娘は学生VISAを取得する必要がありました。

それは、現地に着いてから、必要書類を揃えて、学校に提出して、

学校が手続きを進めていってくれた形です。

 

9月は娘がVISAを取得した月なので、更新の為の手続きをしなくてはなりません。

学校からは、いきなりメールが送られてきまして💦

 

勿論、翻訳アプリで日本語に変換して、何とか理解(笑)

1 娘のパスポートのコピー←これは学校でしてくれる

2 3枚の娘の証明写真

3 1年間有効のマレーシアでの医療保険

4 母親のパスポート全ページコピー

5 父親のパスポート全ページコピー

6 と7 は初年度のVISA申請の時に提出してあるので、不要です。

  1. 大使館によって公証された出生証明書のコピー。 (入国審査で確認するために原本も必要になります。ビザが完了したら両親に返却します) – 提出済み
  2. 大使館によって公証された両親の結婚/離婚証明書のコピー。 (入国審査で確認するために原本も必要になります。ビザが完了したら両親に返却します) – 提出済み

 

両親のパスポート全ページのスキャンをメールに添付して送ります。

初年度にやったのですが、毎年必要になるとは知らず・・・

 

データ残っていたかな~と、探してみたら、送信済みのメールに

残っていたので、ホッとしました。

 

また、あの全ページスキャンをするのは、本当に手間です(笑)

そして、お次は現地の医療保険。

 

入寮する前日にエージェントさんの助けで、サクサクっと入ったけれど、

エージェントさん、今回は、ここにメールを送ってみてね♬

 

って自分で進めていかなくてはならない感じで(;・∀・)

翻訳アプリで保険の方ともやり取りして、wiseで送金して、

何とか加入することが出来ました。

 

学校のVISA担当の先生に、メールで保険証券も添付して、

娘の顔写真などは、サポートをお願いします!と

お願いし、オッケーと返信が来て、ホッと胸をなでおろしました(^^♪

 

学校からイミグレーションに提出してくれるのですが、

イミグレーションは結構気まぐれで、いきなり厳しくなったりも

あるみたいですね。

 

以前は親のパスポートは、写真のページのみで良かったみたいなのですけど、

今は、全ページのコピーを求められます。

 

約50ページ程あるのですよ(笑)

見開きだから25回づつ程、スキャンしました。

 

因みに私は、キンコーズのスキャンで済ませました。

1回のスキャンで5円♪と格安です。

 

コンビニは50円もするので、キンコーズがこんなに安いと知らなかった頃は、

コンビニでスキャン代をかなり使いました(^^;)

 

入学願書とか、プレースメントテストなどは20数枚送ったりで、

数百円とかスキャン代に使いました。

 

何でも初めての事ばかりで、何とかこなして行っている状態。

初年度は特にそればかりだったのですが、2年目のVISA更新

何とか無事にやり方を取得できてきたかな~と(*’ω’*) 

 

英語苦手な母親でも、何とか娘のマレーシア留学を

続けさせることが出来ています♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました