PR

英語力ゼロから始めるマレーシア中学留学の秘訣

娘マレーシア単身留学
記事内に広告が含まれている場合があります。

13歳の娘は、只今マレーシア留学中。

娘は、ある程度英語力を身に付けてからの渡航となりました。

 

これから、特に小学校高学年くらいから、英語を身に付けさせたい・・・と思った時、英語力ゼロでも、マレーシア留学で身に付けちゃえば、お得ですよ、という記事です( *´艸`)

マレーシア留学中

娘がマレーシアへ留学して、1年5ヶ月経過しました。

子供の成長、1年ってあっという間に過ぎていきますよね💦

 

中学からは留学させようと決めていた、我が家。

マレーシアにするという選択肢は、始めはありませんでした。

 

今は、リーズナブルな学費、日本から近いということも、とても気に入っています。

1年何とか過ごせた娘は、一通り流れが分かって、今はラフに学校生活、寮生活を送っています。

マレーシア留学の必要なステップ

入学前に行われた、レベルチェックのテスト。

英語と数学だったのですが、どちらもまぁまぁ出来ていたようです。

 

それに伴い、英語補習授業は受けなくても良いと、エージェントからは言われていました。

タームごとに約3万円程支払い、英語補習授業を受けますが、それを受けなくて良いって、得した気分♬となっていました。

結局 英語補習授業受けることに

と喜んでいたのも束の間。

娘が入学した年から、英語補習授業について制度が変わってしまいました。

 

校長先生が「英語が第一言語でない国の子は、英語補習授業を受けるように❣」と・・・

ということに変わってしまい、追加で海外送金しました。

 

今、ちょっと引いて考えてみると、そのインターナショナルスクールは、生徒を集めるため、プロモーション活動に力を入れてました。

 

そして、何より英語力ゼロでも入学できるので、そういった子が増えると予想しての、方針変更だったのかな・・・と思います。

マレーシア留学中の子供のお金管理

と、ここで気になる単身留学の際の、子供のお金管理について。

月に2回位、モールに連れて行ってもらえます。

 

そこでは、主に自由行動。

ランチや夕飯を食べることもあります。

 

我が家は、三井住友銀行の家族のさいふ、というのを渡していて、予めそこに入金してあげておきます。

英語力ゼロから始める留学

さてタイトルにもある通り、英語力ゼロでも留学させられるのか・・・という点ですが、結果的には可能です。

 

娘が入学したインターナショナルスクールは、英語力が足りないと判断されれば、少し下の学年からスタートしています。

 

なので同じ学年でも年齢は違っていたりします。

先のように、英語補習授業を受けて、尚且つオンライン英会話をしている子も多いみたいです。

留学中の英語力向上方法

娘には小さい時から英語に触れさせるようにしてきましたが、本人がとにかく一生懸命、下手でも英語で話そうと、努力していたようです。

 

と書いたのは、私が実際に見た訳ではなく、幼稚園の先生(インターナショナルプリスクールや英語の幼稚園に通っていた)が、お迎え時によくそう話してくれました。

 

下手でも話す(笑)

これの繰り返しが、一番上達する秘訣なのかな~と思います。

お友達は英語力ゼロからの単身留学

日本からの入学者がどっと増えた、娘のインターナショナルスクール。

 

そんな中、中2で公立中学校から単身留学して来た子がいます。

彼女は、受験が嫌で留学した・・・と言っているそうで(笑)。

 

思わずだよねーと、頷いてしまいます。

受験からは逃れられたかもしれませんが、絶賛英語を猛勉強中だそうです。

 

ですが、勉強する目的が、日本とは少し違う気がします。

それはもう「生きるため」とは大袈裟かもしれませんが、本当に必要だから自ら勉強しているといった感じです。

自宅での英語学習のコツ

もし将来的に留学を考え始めたら、コツコツと英語に触れる機会を増やしていきましょう。

 

まだ小さいうちは、英語でディズニーのDVDを見せたり、英語の絵本を借りたり。

 

私は、赤ちゃんのうちから英語の歌のCDをかけたりしていました。

アウトプットはずっとずっと先の事になると思うので、焦らずインプットを増やしていくといいと思います。

 

小学校位からは、費用はかかりますが、オンライン英会話をさせると、外国人講師とも話せて、英語脳が活性化されると思います。

英語力ゼロのインターナショナルスクール選びのポイント

英語力ゼロでの学校選びは、英語で合否が決まらない学校を選ぶこと。

探せばあるかと思います。

 

難しいかもしれませんが、日本人生徒が少ない学校もおススメです。

やはり日本人同士で固まってしまい、日本語ばかりで話すことになってしまうからです。

 

折角の留学なので勿体ないですよね💦

娘のインターナショナルスクールは日本人が多くなってしまって、一旦、日本人受け入れをストップさせていました。

中学留学におけるカリキュラムのポイント

マレーシアのインターナショナルスクールはカリキュラムが

  • イギリス式(最も多い)
  • アメリカ式
  • オーストラリア式
  • カナダ式

などあります。

イギリス式は学校の数が多いので、入学が緩やかな学校を選びやすいかと思います。

中学留学での運動部の有無

日本の中学と言えば、「部活!」ですね(笑)

娘は、部活に憧れていますが、その文化はマレーシアにはありません。

 

最近、発足されたバレーボールクラブ⁇は、先生はバレーボール経験無しで、生徒がコーチ役(笑)

 

但し、走ることは結構しているようで、体育など殆ど無いに等しいから、そこで運動してほしい・・・と思っているのですがね・・・

 

先生もそんな感じなので、統率が取れていない様で、おしゃべりばかりしている子もチラホラ❓

 

娘は、辞めるかも・・・と言っています。

 

まとめ

英語力ゼロでもマレーシアには入れるインターナショナルスクールはあります。

 

日本で受験勉強で努力するよりも、マレーシアでその力を使った方が、お得に感じませんか?

 

親から離れて暮らすことも、本当に良い経験になります。

海外生活に憧れる我が家ですが、子供にこういった経験をさせておくことは、将来、世界視野で物が見れる大人になって欲しい、願いがあります。

 

娘の当面の目標は「英検準一級合格」❕

英検は日本の制度なのですが、とりあえず持っておけば、日本の大学なら、学費免除とか、お得に通うことが出来るので。

 

その為には、マレーシアで英語を学ぶ方が、手っ取り早いと感じています。

この記事を書いた人

裏道サクラ
裏道サクラ
・海外生活に憧れるアラフィフパート主婦

・一人娘はマレーシア単身留学中

・夫と二人で低コストライフ、ゆるミニマリスト

・娘の教育終われば、ゆるFIRE

・小さなコーヒー屋さん経営

コメント

タイトルとURLをコピーしました